竟成法律事務所のブログ

大阪市北区西天満2-6-8 堂島ビルヂング409号室にある金融法や民事事件を重点的に取り扱う法律事務所です(TEL 06-6926-4470、大阪弁護士会所属)

「いじめ」は当然に、不法行為に当たるのか?

今回のテーマ いわゆる、「いじめ」は道義的に許されるものではありません。 この点については争いがないと考えられます。 では、「いじめ」は、必ず、損害賠償責任を発生させる行為(民法709条に言う不法行為)に当たるのでしょうか?

【刑事】黙秘権に関する基礎知識

今回のテーマ 今回は、黙秘権に関する基礎知識の整理をします。 特に目新しい内容はありませんが、お役に立てば幸いです。

【親族法】未成年者が親権者を訴える場合、特別代理人の選任は必要?

今回のテーマ 今回のテーマは「未成年者が親権者を訴えようとする場合、特別代理人の選任が必要か?」です。 例えば、父親Aが、母親BとAB間の子C(未成年)に対して暴力を振るっていたとしてます。 この場合、母親Bと子Cが父親Aを訴えようとしても、…

【相続法】「跡取り」でない相続人が親の借金の支払いを求められた場合、改めて相続放棄はできる?

今回のテーマ 最近はあまりないのかもしれませんが、親が亡くなり相続が発生した場合に、いわゆる「跡取り息子・娘」に遺産を相続させるために、他の兄弟姉妹は「何も相続しない」という内容の遺産分割協議書を作成したり、相続財産不存在証明書を作成するこ…

【1分7秒以内で読めます】高校3年生~大学4回生&親御さんや教育関係者各位に今すぐ読んで欲しい絶対に役立つ法的知識

時間が無いので結論から申し上げます。 「え……」 「このお金払わなきゃいけないの……?」 「契約したと言われた」 「責任とれと言われた」 「親は関係ないと言われた」 こういう事態になった場合、すぐに弁護士に相談してください。 確かに、面倒くさいと思わ…

【裁判例メモ】マンションの売買契約において法令適合性に係る動機の錯誤が問題となった事例(錯誤を否定)

出典 東京地判令和4年3月29日判時2365号61頁 事案の概要 買主である原告が東京都港区の高層マンションを7億5000万円で購入したところ、マンションの免震オイルダンパーに建築基準法違反等の疑いが生じたことから、マンションの売買契約には錯誤があるとして…

【裁判例メモ】未成年の顧客に対するホストクラブからの請求が無効とされる場合について

出典 東京地判平成25年1月17日LEX/DB25510460 担当裁判官 佐々木清一 佐々木 清一 | 裁判官 | 新日本法規WEBサイトhttps://www.sn-hoki.co.jp/judge/judge1247/ 判決文抜粋 「Aはホストクラブであり,その営業は風俗営業等の規制及び業務の適正化等に関する…

【医師法・歯科医師法】応召義務に関するメモ

今回のテーマ 今回は、医師法及び歯科医師法が定める「応召義務」に関する備忘録的なメモです。 尚、一般には応召義務と呼ばれますが、応召義務という名称は適切ではなく、「応需義務」という表現が適切という指摘は古くから存在します。この点について、磯…

法定離婚事由「配偶者が強度の精神病にかかり、回復の見込みがないとき」について

今回のテーマ 離婚について協議が成立しない場合、現在の実務では、離婚の訴えを提起することになります。 そして、「どのような場合に離婚の訴えが認められるか?」(裁判所が強制的に離婚を命じることができるか)について、民法770条は次のように定めてい…

審判前の保全処分で子の引渡しが認められた場合、直接強制をするためには、いつまでに何をすれば良い?(執行の着手論)

今回のテーマ 今回のテーマは、審判前の保全処分で子の引渡しが認められた場合、直接強制をするためには、いつまでに何をすれば良いのか?です。 解釈論としては、家事事件手続法109条3項、民事保全法43条2項の問題です。 審判前の保全処分たる子の引渡しに…

「誹謗中傷とは何か? 正当な批評とは何が違うのか?」に関するメモ

■今日のテーマ 今日のテーマは、「誹謗中傷とは何か? 正当な批評とは何が違うのか?」という疑問に関する備忘録的なメモです。 あくまで備忘録的なメモであり、この記事を御覧になれば、誹謗中傷についてエキスパートになれる、というものではありません。

【民法】第三者弁済をする正当な利益って何?

■今日のテーマ 今日のテーマは、たまに質問を受けることがある「弁済をするについて正当な利益」(民法474条2項)とは何か?です。 特に目新しい事項を記すものではございません。備忘録的記事です。 (第三者の弁済)第474条 1 債務の弁済は、第三者も…

【交通事故】評価損に関する基礎知識

■今日のテーマ 今日のテーマは、交通事故の際に登場する「評価損」について基礎知識を簡単にご紹介する、です。 ■今日のテーマ ■評価損とは? ■評価損という損害は認められるのか? ■評価損はどのような場合に発生するのか? ■評価損の計算方法 ■公式サイト

【民法】「履行の請求」(民法412条3項)に関するメモ

■今日のテーマ 「履行の請求」(民法412条3項)の意義に関する備忘録的記事です。 (履行期と履行遅滞)第412条1 債務の履行について確定期限があるときは、債務者は、その期限の到来した時から遅滞の責任を負う。2 債務の履行について不確定期限がある…

【刑事法】民事不介入の原則に関するメモ

■今日のテーマ 皆さんも「110番通報して,臨場してもらったけれど、警察官が『民事不介入だから』と言って、何もしてくれなかった」、「警察署に相談に行ったけれど、『民事不介入の原則があるから何もできない』と言われた」というような話を直接聞いたり、…

【民法・家族法】離婚後の共同親権に関する淡々とした基礎知識

■今回のテーマ 今回のテーマは、「離婚後の共同親権に関する学説や論拠・批判等を淡々と紹介しよう」です。 離婚後の共同親権について、賛成のお立場であっても、反対のお立場であっても、相手方の見解を正確に理解することは重要です。 対立が激しい論点で…

弊所の公式サイトが移転しました。

時下益々ご清栄のこととお慶び申し上げます。 今般、弊所の公式サイトが下記のURLに変更となりましたので、ご連絡いたします。 竟成(きょうせい)法律事務所https://www.kyosei-law.com/ 今後とも何卒宜しくお願い申し上げます。 530-0047 大阪市北区西…

【民法】「懲戒権って何?」と思った方のための基本的解説

■今日のテーマ 次のような報道が為されています。 体罰・虐待を正当化する口実に…子への民法「懲戒権」見直しへ 読売新聞 https://www.yomiuri.co.jp/politics/20220105-OYT1T50100/ 懲戒権について民法822条は「親権を行う者は、監護及び教育に必要な範…

【憲法】統治行為論に関するメモ

■今回のテーマ 本日(2020/06/13),以下のような報道に接しました。 砂川事件、判決原案を批判する「調査官メモ」見つかる:朝日新聞デジタルhttps://www.asahi.com/articles/ASN6D7R9QN61UTIL03G.html 「極めて政治性の高い国家行為は、裁判所が是非を論じ…

【民法】Twitterで他人の投稿をそのままRTした場合,それは原則として賛同を示す行為になるのか?

■今回のテーマ 今回のテーマは,「Twitterで他人の投稿をそのままRTした場合,それは原則として賛同を示す行為になるのか?」です。 この点がテーマとなった裁判例があり*1,裁判所は,「原則として賛同を示す行為になる」という判断を示しました。 今回は,…

【刑事】無罪推定って何? それは本当に無罪推定の問題ですか?

■今回のテーマ 今回のテーマは,刑事事件に関する報道などで時折登場する「無罪推定(無罪の推定)」とは何なのか? それはどういう場面で適用される原則なのか?です。 そのため,本稿は,特段目新しい内容をお伝えするものではありません。ただ、議論の整…

【民法】不倫をしていた夫・妻が亡くなった後,相続人は,故人の不倫相手に損害賠償請求できますか?

■今日のテーマ ネット上で,次のような記事が公開されています。 不倫相手の死亡で全て終わったはずが…相手の妻にバレて慰謝料「300万円」を請求された - 弁護士ドットコムhttps://www.bengo4.com/c_3/n_11194/ ここで取り上げられている事例は要するに,以…

【民法・消費者法】コロナの関係で結婚式を中止した場合のキャンセル料支払義務の有無

■今回のテーマ 今回のテーマは,「コロナウィルスの関係で,2020年4月・5月に予定していた結婚式をキャンセルした場合,結婚式場に対して,キャンセル料を支払わなければならないか?」です。

【憲法】表現の自由(憲法21条)に関するメモ(作成中)

■今回のテーマ 最近,表現の自由(憲法21条)が,ニュース等でよく取り上げられています。 弊所では憲法をメインとした仕事をすることは今までなく,その意味で憲法の知識は,司法試験受験時から大きくは変わっていません。 とはいえ,憲法の根底にある考え…

【刑訴】逮捕が許されるのはどういう場合?

■今回のテーマ 法律上,逮捕はどんな場合にすることが許されるのか。 今回は,この点について,簡単にご説明いたします。 但し,今回は,通常逮捕のみを取り扱います。現行犯逮捕と緊急逮捕は取り上げません。

【民法】第三者に対する離婚自体慰謝料に関する最高裁判決について(追記あり)

■今回のテーマ 平成31年(2019年)2月19日に最高裁第三小法廷が出した以下の判決について,簡単にご説明いたします。 この判決は,一定の前提知識がないと誤解されてしまう危険性があると考えられます。不正確な報道が為されてしまうのではないかと危惧して…

【刑事】有罪を認定した裁判員裁判の原審判決に大きな問題があるとして判決を破棄して無罪とした事例

■今回のテーマ Twitter上で,深澤先生による以下のようなご指摘がありました。 裁判員裁判で、一番やばいと思った判決は、「無罪っぽいんで刑を軽くする」「障害者は受け入れ先がないから公益のために刑務所に長く閉じ込めよう」の2つですね。もちろん、従…

仮想通貨の概要 ――仮想通貨に関する法的問題シリーズ02

■仮想通貨の種類 仮想通貨の代表例は「ビットコイン」ですが,その他にも「イーサリアム」,「リップル」,「イオス」,「ネム」など,様々な仮想通貨が存在します。 仮想通貨の種類は1500を超えており,中にはほとんど誰も聞いたことのないような仮想通…

仮想通貨の概要 ――仮想通貨に関する法的問題シリーズ01

■はじめに 弊所の代表弁護士山田は,ご縁があって,コインチェック被害対策弁護団の幹事を務めております。 https://www.ccbengo.jp/ この関係で,仮想通貨に関する法律問題や,それに関連する技術的な問題(といっても後者はあくまで基礎的なものですが)に…

【民法・不法行為法】慰謝料って何ですか?

■今回のテーマ 交通事故にあったとき,犯罪に巻き込まれたとき,離婚したとき,プライバシーが侵害されたときなどに,「慰謝料」という言葉が出てくることがあります。 ところで,この「慰謝料」とは何でしょうか? というわけで,今回は,「慰謝料とは何か…