竟成法律事務所(旧 法律事務所ミライト・パートナーズ)のブログ

大阪市北区西天満2-6-8 堂島ビルヂング409号室にある金融法や民事事件を重点的に取り扱う法律事務所です(TEL 06-6926-4470)

【離婚】夫婦でなくなっても父母ではあり続けます

以下のような記事に接しました。

 

韓国の裁判官が夫婦に送った風変わりな離婚宣告文が話題=韓... - Record China
http://www.recordchina.co.jp/a150314.html

2016年9月13日、韓国・東亜日報によると、離婚訴訟を続けてきた韓国の夫婦が家庭裁判所の裁判官から受け取った風変わりな離婚宣告文が話題だ。

通常、裁判官による離婚決定文は「原告と被告とを離婚する」といった1文であることが多いが、ソウル家裁キム・ジヨン裁判官が7カ月間担当した夫婦に送った決定文は1通の手紙のようだ。文はこう始まる。「1審の手続きがこのように長引き申し訳ありません。お子さんが小さく2人がお若いため、裁判所が軽々しく判断することは難しく、より良い措置を追求し今日に至ってしまったことをご理解ください」。

 

この記事を読み, 弁護士の小松亀一先生のサイトに掲載されている以下の記事を思い出しました*1

ご興味がおありの方は,以下の記事を是非御覧ください。

弁護士 小松亀一法律事務所_男女問題_離婚成立に当たり-ある審判官の思いやり溢れた言葉に感激
http://www.trkm.co.jp/danjyo/07020101.htm

「更に感心、感激したのは調停条項について確認が終わると普通の審判官は直ぐに退席するのですが、A審判官は、離婚成立に当たり、私から当事者の方に『お願い』がありますと告げて、以下のお話をされたことです。私は、上から押し付ける説教口調ではない『お願い』と言う表現に感激しました。」

 

 

 

■公式サイト

お問合せはお電話 or 公式サイトの送信フォームからどうぞ!

 (※大変申し訳ないのですが,無料法律相談は行っておりません)

法律事務所ミライト・パートナーズ
TEL 06-6341-0135

http://milight-partners.wix.com/milight-law#!contact/c17jp

 

*1:尚,小松亀一先生の事務所と弊所との間に関係性はございません。弊所が一方的に小松先生の事務所を存じ上げているだけです。