竟成法律事務所(旧 法律事務所ミライト・パートナーズ)のブログ

大阪市北区西天満2-6-8 堂島ビルヂング409号室にある金融法や民事事件を重点的に取り扱う法律事務所です(TEL 06-6926-4470)

損害賠償

【民法】第三者に対する離婚自体慰謝料に関する最高裁判決について

■今回のテーマ 平成31年(2019年)2月19日に最高裁第三小法廷が出した以下の判決について,簡単にご説明いたします。 この判決は,一定の前提知識がないと誤解されてしまう危険性があると考えられます。不正確な報道が為されてしまうのではないかと危惧して…

【刑事】強姦被害者とされる者の虚偽の供述があったために有罪とされた冤罪事件に関するメモ

■今回のテーマ 以下のような報道に接しました。 強姦冤罪事件、女性の「うそ」で服役 裁いた国の責任は:朝日新聞デジタルhttps://www.asahi.com/articles/ASM135VDQM13PTIL006.html 「強姦(ごうかん)事件などで服役中に被害証言がうそだったとわかり、再…

【民法・不法行為法】共同不法行為って何?

■今回のテーマ 今日は,共同不法行為に関する基礎的な解説をしたいと思います。 あくまで,基礎的な解説に留まりますので,本格的に学ばれたい場合は,脚注で言及している書籍を御覧いただければ幸いです。

【民法・不法行為法】慰謝料って何ですか?

■今回のテーマ 交通事故にあったとき,犯罪に巻き込まれたとき,離婚したとき,プライバシーが侵害されたときなどに,「慰謝料」という言葉が出てくることがあります。 ところで,この「慰謝料」とは何でしょうか? というわけで,今回は,「慰謝料とは何か…

【民法】宴会の予約をキャンセルしたらキャンセル料金を必ず支払わなければならない?

■今回のテーマ 早いものでもう12月です。そして,12月と言えば,「忘年会」ということで,世の飲食店にはたくさんの宴会の予約が入っていると思います。 それに伴って,宴会の予約のキャンセルも少なからず発生しているはずです。 余裕をもって,キャンセル…

浮気・不倫相手を調査するために支払った探偵費用って請求できますか?

■今日のテーマ 不貞行為(浮気や不倫)を理由とする損害賠償(慰謝料)請求事件で,時々,「今回の件を調査するのにかかった探偵さんの調査費用を損害賠償(慰謝料)として相手方に請求できますか?」という質問に遭遇することがあります。 これは法律上は,…

【民法】失火責任法の基礎知識と裁判例

■今回のテーマ 平成28年12月22日,新潟県糸魚川市で大規模な火災が発生しました。 糸魚川市大規模火災 - Wikipediahttps://ja.wikipedia.org/wiki/%E7%B3%B8%E9%AD%9A%E5%B7%9D%E5%B8%82%E5%A4%A7%E8%A6%8F%E6%A8%A1%E7%81%AB%E7%81%BD 報道によれば,今回の…

認知症事件(JR東海事件)最高裁判決に関する簡単な解説とコメント

■今回のテーマ 平成28年3月1日,最高裁は,認知症に罹患した高齢者が起こした鉄道事故事件に関する損害賠償請求について,JR東海の請求を棄却する内容の判決を出しました。 裁判所 | 裁判例情報:検索結果詳細画面http://www.courts.go.jp/app/hanrei_jp/deta…

訴訟を提起すること自体が違法(不当提訴)になる場合って,どんなときですか?

■今回のテーマ いわゆる「不当提訴」や「スラップ訴訟」と呼ばれる訴訟提起が行われたとして,訴訟を提起した原告*1に慰謝料の支払いが命じられた,というニュースに接しました。 長野・太陽光発電所:批判封じの提訴、正当性欠く - 毎日新聞http://mainichi…

親の不倫相手に対して子供が損害賠償を請求をすることはできますか?

■今回のテーマ よくあるご相談の1つとして,「自分の夫 or 妻が不倫をしているようなんですが,不倫相手に対して慰謝料を請求することができますか?」というものがあります。 このご相談に対する実務上の回答としては,「慰謝料請求できます」というものに…

婚約破棄の事例紹介

■今回のテーマ 以前,別の拙稿でも取り上げましたが,ときどき問合せのある婚約破棄(婚約解消)に関する実際の裁判例をご紹介したいと思います。 弁護士が説明する婚約破棄の注意点 http://milight-partners-law.hatenablog.com/entry/2015/07/24/024059 婚…

弁護士が説明する婚約破棄の注意点

■今回のテーマ 「婚約して,もう結納までしたのですが,色々あって,婚約破棄(婚約解消)を考えています。婚約を破棄すると,法律上,どんな問題がありますか?」。 というわけで,今回のテーマは「婚約,結納の法的性質」です。